解体工事 大田区耐震助成金を利用した H邸耐震補強

大田区耐震助成金を利用した、H邸耐震補強工事の解体工事です。今回補強する建物は、木造2階建て、昭和50年新築の旧耐震の建物です。大田区の耐震助成制度を利用し、耐震診断、耐震補強設計、補強工事を行います。

まず大切なのは解体工事です。耐震診断と設計の時に部分調査した内容を元に補強設計をしていますが、実際に実行出来るかの現場確認をします。

耐震壁をつくるために、床、壁、天井を解体します。採用する工法によっては壁の解体だけですむ場合も有ります。

【天井、壁、天井解体】工事対象部分を解体し、設計通りに施工出来るか調査します。

【天井裏から配管が】

【既存筋交いにクーラースリーブの孔が】

【既存筋交いの巾を確認】

【解体した壁内に配管が】 

【天井内に古いバルコニーの鉄骨が】

【耐震壁を予定した基礎に配管ルートの開口が】

大田区耐震助成を利用した、H邸耐震補強工事

耐震診断:耐震診断現地調査耐震診断評価

補強設計:耐震補強計画耐震診断補強設計

補強工事:解体工事軸組補強工事金物補強工事筋交い補強工事合板下地工事構造用合板補強工事

御自宅の耐震診断と耐震補強に興味のある方、大田区の耐震助成制度に興味のある方は下記フォームより問い合わせをお願いします。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください