耐震診断した建物と擁壁の除却完了してました。

全4室のうち、2室は入居者がいる状態での全室調査。2階を歩くと歩行感で床が傾いているのがわかりました。建物は擁壁側に傾き、一部は白蟻の被害もある状態。耐震診断の結果は、耐震補強できる建物ではありませんでした。地震時の倒壊リスクを考えれば入居者に退去してもらい除却すべきと建物オーナーに進言。また擁壁にも問題があるためつくり直す必要を説明しました。

クライアントアドバイザーとして、建物を除却するアドバイスをする場合もあります。これで少しは街が安全になったかな?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください